Home > 新人職員育成100日プログラム

新人職員育成100日プログラム

介護新人職員育成100日プログラム

介護新人職員育成100日プログラム お客様専用ログイン

介護新人職員育成100日プログラム お客様の声介護新人職員育成100日プログラム お客様の声 3年以上継続施設介護新人職員育成100日プログラム お客様の声

 

 

 

 


介護現場の現状と課題
人材不足を感じる介護事業所56.5%
人材不足の理由「採用が困難である」68.3%
護離職者の70%は3年以内で辞め、そのうち1年以内の離職者は80%以上である

・・・介護業界では慢性的な人材不足が問題となっており、離職の多い業界です。特に早期離職が多く、その原因として「教育、研修の不足」による不安があるのではないか?と考えることができます。「現場が忙しく教育ができない」、「指導者の資質がバラバラで指導内容が標準化されていない」、「承認・動機付けの機会がない」・・・

『新人職員育成100日プログラム』は、そのような課題に対して、新人の不安解消をしながら新人・指導者が共に成長できるように開発されたプログラムです。

目的
新人の漠然とした不安を、「課題の明確化」、「コミュニケーション」、「介護用語の学習」から解消し、意欲を持って仕事をしてもらうことで職場への定着をはかる。
新人を教えることで指導者自身の成長をはかり、人材育成の土台を作る。

特徴

訪問調査

 

100日プログラムの最大の特徴は、訪問調査員が施設に直接伺い新人・指導者・運用責任者に面談を行なう訪問調査が2回組み込まれていることです。第3者からの承認・励ましによりモチベーションがアップします。

 

課題の明確化

 

テストやチェックシートから新人が何がわからないのか、何ができないのか課題が明確になります。課題が明確になることで、新人は何をすればいいのか、指導者はどう指導すればいいのかがわかり均一に指導することができます

 

コミュニケーション

 

新人・指導者が一緒になって課題を確認しながら話をする機会である「チェック&ヒアリング」により、新人の不安を解消しながら、お互いの信頼関係を深めることができます

 

介護用語学習

 

新人と指導者には、付属「介護用語テキストDVD」で介護用語を自主学習していただくことで、介護用語の共通理解が図れ、情報の共有化をはかります。指導者も同じ教材で学習することで正しい介護用語を新人に指導することができます。

 

100日スケジュール
100日間で実施することは下記の表の通りです。

スケジュール

100日間の所要時間は、●新人5時間40分、●指導者5時間10分、●運用責任者1時間10分(訪問調査30分×2、最終レポート10分)だけです。

ご希望の開始日から100日間の『実行予定表』を作成しますので、実行予定表に沿ってプログラムを実施していただきます。
実施した用紙をピーエムシー株式会社へFAX

結果は2、3日以内に報告書としてご登録のメールアドレスへお届け
報告書が届きましたら、印刷し新人・指導者へ見せて指導に活かして進めていただきます。

報告書A3報告書

 

←100日プログラム報告書

新人の性格傾向、現在のメンタル状態、「知識・技術」の取得状況、介護用語理解度がわかります。(開始日・10日目・30日目・40日目・50日目・70日目・80日目・90日目 計8回送付)

A4報告書

 

 

 

 

←100日プログラム課題報告書

新人の「知識・技術」の現在の具体的な課題に対して、新人・指導者それぞれにアドバイスをしています。(10日目・40日目・50日目・70日目・90日目 計5回送付)

 

 

 

 

 

訪問調査とは

訪問調査員※1が直接施設へ伺い、新人・指導者・運用責任者※2それぞれと30分の面談を行ない、プログラムの進捗状況の確認、報告書の説明や新人・指導者の承認・励ましを行ないます。
直接会って話をする訪問調査が入ることで、通信教育ツールとは異なり、新人、指導者のモチベーションをアップさせることができます。また、第3者の訪問調査員が入ることで施設内では見えない問題に気づくこともつながります。
面談後には訪問調査員からのコメントが入力された報告書が送付されます。
※1訪問調査員は、弊社の要件をクリアし訪問調査員養成研修に合格したものが責任を持って行ないます。
※2運用責任者とはプログラムのスケジュール管理、運用、施設の窓口になっていただく方です。

付属ツール
100日プログラムには弊社商品の下記2点が付属されています。

『テキストとDVDで学ぶ!介護用語―新人介護職員育成編―』(新人1冊・指導者1冊)
用語

 

介護職スタートに必要な介護用語の共通理解教材です。
プログラム開始説明時に新人、指導者それぞれに1冊配布し自主学習をしていただきます。
新人は、介護用語を学ぶことで「申し送り」、「記録」がスムーズに行なえるようになり不安解消にもつながります。
指導者は、正しい介護用語を新人に教えることができ、自身の復習にもなります。

詳しくはこちら

 

 

 

『介護職員スキスキルマ2枚マトリックス診断個人診断
(指導者1回分)

 

開始日に指導者に実施していただくことで、指導者の性格傾向などのメンタル状態、介護用語理解度などのスキル状態が確認できます。

詳しくはこちら

 

介護新人職員育成100日プログラム 事例

 

 

 

 

Home > 新人職員育成100日プログラム

Tani Haruo

Return to page top