Home > 介護職員研修 > 食事ケアにおける理解と応用

食事ケアにおける理解と応用

摂食嚥下機能の基礎的知識を深め、食事介助を行う上での技術や観察の視点を学びます。


 

研修の目的

摂食・嚥下について今一度学習し、食事介助する時の心構えを再度確認する。

 

研修の内容

①講義:摂食嚥下機能と加齢による変化について学びます。

②講義:実際の現場で食事介助を行う際の考え方と工夫について学びます。

 

 

研修問い合わせ

 

 

 

 

Home > 介護職員研修 > 食事ケアにおける理解と応用

谷社長Facebook研究開発室長斉藤のBlogままネイル
お問い合わせ