Home > 介護職員研修 > 介護技術 OJT複合訓練 [助成金対応型訓練パック]

介護技術 OJT複合訓練 [助成金対応型訓練パック]

貴事業所の新人職員や中途採用の職員は、不安を抱えたまま仕事をされてはいないでしょうか?
介護技術の根拠の確認と、正しい手順での一貫性ある実践法を学ぶことで、自信を持って毎日の業務に取り組んでいくことができます。それが離職率の低下、“辞めさせなくてもよい職員が不安で辞めていかない” ことへとつながっていきます。
そして、実際に自分が教える側に立った時に、「自分流」ではなく、「標準化された介護技術」を、自信を持って教えることができるようになります。
適切な介護技術の提供、職場全体のサービスの統一化は、利用者様へのよりよいサービス提供・生活の質の向上へとつながっていきます。

 研修・訓練が必要なことはわかってはいるけれど、忙しくて・・・

 いざ、自分たちで研修の計画を立てようとすると時間もないし大変だし・・・

 正直、今、研修・訓練にお金をかけていられなくて・・・

・・・と、教育の必要性を感じながらも、様々な理由から教育への取り組みが後回しになっている事業所側の事情があるようです。

そんな事業所の方々の要望にお応えし、事業所側の負担を軽減し、効果的かつ効率的に進行できるように、
介護技術 訓練パック を完成させました。

 

この介護技術 訓練パック は、国の助成金に対応した形で作られているため、助成金の対象訓練の細かいルールに対応できる形になっています。また、助成金の計画申請に必要な各種書類も事業所ごとに対応できる仕組みが組み込まれていることも、この訓練パックの魅力のひとつです。

 

 助成金の訓練は面倒なことがいっぱいで、計画するのが大変そうだし、そんな時間がない・・・

 必要書類が多く、全ての書類の整合性を揃えなくてはならないので出来るか心配・・・

 形だけの訓練になってしまい、受講者の負担にしかならないのでは?

大丈夫です!

 助成金に対応した形の訓練を、事業所に合わせきちんと計画し、訓練パックとして納品します。

 面倒な計画段階の各処理をピーエムシーがおこなうので、納品された訓練パックを活用し、すぐに訓練をスタートすることができます。

 

「介護技術 訓練パック」の概要
訓練カリキュラム 基本的な介護技術を理解・実践できるようになるために必要な能力の習得を目標とした訓練カリキュラムとして作成します。
Off-JT:36時間(うち、外部講師のオリエンテーションを4時間受け、残り32時間を内部講師が訓練の指導者となります。
OJT:職場環境・仕事内容を考慮し、事業所ごとに決定していきます。(限度324時間)
訓練に使用する
テキスト・教材
DVD・テキスト教材:介護福祉士養成校の教員が作成したDVD・テキストを使用。
※DVDを活用しての指導になるので、指導者によるバラつきがなく均一された指導を提供できる。受講者ノート:このノート1冊で、OJTとOff-JTに対応。
いつ・何を・どのように学ぶかがわかり、モチベーションを維持しながら主体的に学ぶことができるように作成されています。指導者ノート:「介護技術の指導方法」を指導者が身につけることができます!
研修の初めに外部講師のオリエンテーションと付属される内部講師用の指導者ノートで指導方法を学びます。指導の方法が学べるだけでなく、内部講師自身も教えることにより成長ができます。

 

この訓練に興味を持たれた介護事業所の方、この訓練パックに興味を持たれた介護研修に携わる方・社会保険労務士の方、まずは「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。弊社担当よりご連絡させていただきます。

 

※現在、全国でこの訓練パックを展開しています。販売店も同時募集中です!

 

 

 

Home > 介護職員研修 > 介護技術 OJT複合訓練 [助成金対応型訓練パック]

谷社長Facebook研究開発室長斉藤のBlogままネイル
お問い合わせ