Home > 介護職員研修 > 利用者の「健康状態」の変化に気付く観察力を養う

利用者の「健康状態」の変化に気付く観察力を養う

利用者に最も近い場所にいる介護職員が、いつもと違う「何か変」に気付ける力を養い、対応手順の確立と、迅速に対応するための具体的な取り組みを確認します。



 

研修の目的

介護における観察とは何かを理解し、生活場面から見る身体観察のポイントと観察力を身につける力を養うことで援助技術の向上を図る

研修の内容

介護職は、利用者の最も近くにいる専門職です。
利用者の変化に気付く観察力を磨くために、バイタルサインと観察のチェックポイントについて学びます。

 

 

 

研修問い合わせ

 

 

 

 

Home > 介護職員研修 > 利用者の「健康状態」の変化に気付く観察力を養う

谷社長Facebook研究開発室長斉藤のBlogままネイル
お問い合わせ