Home > 介護職員研修 > 省察とプレゼンテーション

省察とプレゼンテーション

「経験学習サイクル」の理論をふまえて日々の実践を振り返り、学んだことをどのように整理し伝えていくのかを学びます。


 

研修の目的

日々の実践の振り返ることで課題を整理し、プレゼンテーション技法を学ぶことで日常業務の中でも大切な“伝えること”について再認識させる

 

研修の内容

①準備:当日までにプレゼンテーションのテーマを決定し、資料を準備しておきます。

②プレゼンテーション資料の作成:プレゼンテーションを通して自分が主張したいことは何か、どうしてそう考えたのか、聴き手に伝えるためにどのような資料をつくればよいのかを議論します。

③発表:発表の場を設定し、発表後のふりかえりによって成果と今後の課題を整理します。

 

 

 

研修問い合わせ

 

 

 

 

Home > 介護職員研修 > 省察とプレゼンテーション

谷社長Facebook研究開発室長斉藤のBlogままネイル
お問い合わせ